ウェブマガジン

フットサルユニフォーム・オーダー | TOP > ウェブマガジン > フットサルで使う基本のパス|パスの基礎と練習法

フットサルで使う基本のパス|パスの基礎と練習法

フットサルで多用されるパスは、サッカーとは少し違い低くて速いパスがメインです。
コートが狭いフットサルでは、緩いボールは相手ディフェンスによるパスカットの餌食になりますし、浮き球を蹴って空中戦といっても出せる高さに限界があります。

今回はフットサルの実際の試合を見て、選手が使っているパスのイメージを学び、そこから基本的なことを身につけていきましょう。

フットサルで多用するパスのイメージを作ろう

低くて速いパスがメインと言いましたが、少しイメージが湧きにくいと思うので、まずは以下の動画を見てください。
フットサルの試合の断片映像ですが、パスや選手の動きに注目しています。

中でも、ボールの蹴り方とパスの受け方がポイントです。
とくにパスの受け方(トラップの仕方)はフットサル特有の動きとなりパス動作の基本になりますから、きちんと覚えておきましょう。

インサイドキックが基本

サッカーでもそうですが、正確なパスを出すにはインサイドキックが一番です。
味方の足元に正確にパスを出すことができれば、それだけ相手にパスカットされるリスクも減りますし得点するチャンスも増えます。

さて、ここからはインサイドキックの基本的な技術の話に移りますが、キック自体はそこまで難易度の高いものではありません。

まずは足の内側(シューズの内側面)にしっかりとボールを当てて、ボールを前に蹴りだします。
インサイドキックの基本はこれだけです。

ただし、足の内側でもきれいに真ん中に当てないと上手く蹴れません。
かかとよりに当ててしまったり、親指よりに当ててしまったりするとボールをまっすぐ蹴ることができません。

また、ボールの蹴る位置は、ボールの中心~中心やや上を蹴らないと低いパスが出せません。
ボールの上を蹴りすぎると弾んでしまい、ボールの下をすくいすぎると浮いてしまいます。

イメージが整ったら実際にボールを蹴るか、もう一度動画を見て確認してみてください。

パス前の予備動作

静止状態からインサイドキックでパスを出すのは練習すればすぐにできるようになります。
しかし、実践ではむしろ動きの中でパスを出すことがほとんどなので、慣れてきたら動きながらパスを出す練習もしなければなりません。

そして、動きながら上手にボールを蹴るためには、ボールを蹴る前の予備動作にポイントがあります。
つまり、いかにボールを自分の蹴りやすい位置に収めるかということが重要です。

動画の途中でも解説があったとおり、フットサルではよく足の裏を使ってボールを受けます。

もちろん各々やりやすい方法で、例えば足裏だけでなくインサイドでボールを止めてもいいですが、フットサルのボールは小さいので足裏の方がコントロールしやすいというメリットがあります。

といっても、最初からできるようなものではないので、まずは動画を見てイメージを焼き付けることからはじめてみましょう。

パスの練習方法

フットサルではインサイドキック以外にもさまざまな蹴り方がありますが、(むしろ正確に蹴れれば、蹴り方はなんでもアリなのですが、)まずは、インサイドキックによるパスを練習していきましょう。

練習方法はいくつか段階を踏んで行います。

1. ボールを静止させた状態で蹴る
2. 壁面の跳ね返りを止めて蹴る
3. チームメイトとパスを出し合う
4. 動きながらパスを出し合う

ボールを静止させた状態で蹴る

まずは、インサイドにしっかり当てられるようになること、そしてまっすぐ蹴れるようになるために、ボールを静止させた状態で蹴ってみましょう。
ボールが浮いてしまったり、不規則にバウンドしてしまったり、変な方向にいってしまうとちゃんとミートできていません。

「ボールは中心やや上を蹴り、足の内側にしっかりボールを当てる」
この感覚がつかめればインサイドキックによるパスの基本は完璧です。

壁面の跳ね返りを止めて蹴る

続いては壁当てをしながら、キックの基本とトラップの基本を身につけてみましょう。

キックに関しては先ほどに引き続き、きれいなインサイドキックを蹴れるようにします。
そして今回は蹴ったボールを壁に当てて、跳ね返ってきたボールを止めることにも挑戦してみましょう。この時できれば足裏でボールを止めたいです。

壁当てなら1人でできる上に相手が壁なのでプレッシャーを感じないで練習することができます。
また、きちんとまっすぐある程度の力で蹴れていれば、ボールは同じスピードでまっすぐ足元に返ってきてくれます。

チームメイトとパスを出し合う

ここからは少し難易度が上がります。今度はチームメイトと実際にパスを出し合ってみましょう。
最初は短い距離からスタートし、お互いが慣れてきてボールが強く蹴れるようになってきたら徐々に距離を伸ばしてみましょう。

壁当てとは違い、相手の蹴ったボールは毎回毎回規則的に転がってくるわけではありません。それをいかに正確にコントロールできるかがポイントです。

また自分がボールを蹴る際も、意図したボールが蹴れるように意識しましょう。

動きながらパスを出し合う

最後はこれまでの練習を総括して、動きながらパスを出し合ってみましょう。
3~5人対3~5人ずつ左右に分かれて、パスを出し合います。

パスを受けた人はワントラップしてパスを出します。
パスを出したらその人は反対側の列の一番後ろに並びます。

これをひたすら反復しましょう。
つながる回数を決めてもいいですし、テンポ良く蹴り続けることを意識してもいいでしょう。

これまでの総括として、動きながらボールを受けて、自分の蹴りやすい位置にボールをコントロールして、パスを出します。

慣れるまではトラップが上手くいかなかったり、パスが意図したところに出せなかったりするかもしれませんが、そこは練習あるのみです。

記事カテゴリ: ウェブマガジン