ウェブマガジン

フットサルユニフォーム・オーダー | TOP > ウェブマガジン > 【フットサル】パス回しの基本と戦術

【フットサル】パス回しの基本と戦術

フットサルといえば、華麗なフェイントテクニックで相手を抜き去り、鮮やかにゴールを決めるという個人技重視のイメージがある方もいるかもしれませんが、実際はコートがかなり狭いので、思いのほかドリブル突破が難しくなります。

そこでフットサルにおける攻撃の基本は、パスを回して相手を揺さぶり、徐々に敵陣形を切り崩していく戦略を取ります。

今回はパス回しの基本と戦術の基礎を学んでいきましょう。

フットサルにおけるパス回しのいろは
パスをもらいにいく

相手のディフェンスポジションにも寄りますが、フットサルでは何もせずにフリーでボールを受ける機会はあまりありません。基本的にどの位置でボールを受けても、すぐに相手ディフェンダーのプレッシャーがかかります。

そこでパス回しの基本となるのが、自らスペースを見つけて動いたり、ディフェンスをかわしてパスを受けたりすることです。
こうすることで味方からパスがもらいやすくなり、またチーム全体で動けば流動的なフットサルが展開できます。

パスを出して終わらない

自分でパスをもらいにいくことと同じく重要なのが、パスを出した後の動きです。
基本的にパスを受けた選手もずっとフリーで持てる訳ではないので、すぐ次の出し手を探します。

ただ、仮にパスを出したあなたが出した位置から動かなければ、味方のパスの選択肢を減らしてしまうことになります。
それではフットサルのパス回しは成立しません。

そこでパスを出した瞬間、一瞬マークが緩んだ隙に、次のアクションを起こすことが大切です。

この時なるべく意識したいのが、ボールを持った味方選手と並行もしくはより前に走ることです。
状況に応じてより下がった位置でボールを受けることもありますが、それでは攻めることができません。ですから、なるべく追い越すような動きをしましょう。

パスをもらわない時の動き

仲間がパスを回している時、その位置ではパスがもらえないと言って動かないのはいけません。

例えば、自分が動くことによってディフェンスの気を引き、仲間がドリブル突破しやすくすることもできますし、また、パスを出した人が前線に上がっていったのと連動して最終ラインまで下がって横でボールを受けられるようにカバーリングすることも重要です。

パス回しの戦術例

フットサルでのパス回しのいろはが少し理解できたところで今度はパス回しの具体的な戦術例をお伝えします。
ポイントはパスを受けるときも出した後も、絶えず動き続けるということです。

オフェンスの三角形

フットサルでは、サッカーと同じように常に3選手が三角形を作りながらパスを回していきます。
これは、相手ディフェンス1人に対して数的優位を作り出し、また、動きやパスが単調にならないためです。

三角形でパスを回しながら、ポスト役の選手がスペースを見つけて動く時間を作り、攻撃の起点とします。

エイト

オフェンスの三角形をさらに向上させたパス回しが『エイト』と呼ばれる動きで、8の字を描きながら選手が流動的に動きあってパス回しを行います。
フットサルのパス回し戦術としては、最もポピュラーなパターンになります。

エイトでは相手ディフェンダーのプレッシャーをエイトの動きで回避しながら、徐々にマークをずらしていき、スペースを生み出す、もしくはピヴォ当てを狙います。

相手のマークを外し、ゴールへと迫っていくことができる非常に有効な手段となります。

ヘドント

ヘドントとはポルトガル語で「旋回」という意味で、その名の通り味方選手が円を描くようにローテーションしながらパス回しを行います。

ヘドントの動きでパス回しをすることによって、攻撃の起点となるピヴォ当てを行うための隙を作ることができ、また、選手が旋回することによって意図的にミスマッチを作ることが可能です。

ちなみにミスマッチというのは、本来マークすべき相手ではない選手をマークせざるを得ない状況にするということです。
(例:身長の低い選手に高い選手をあてる、守備力のない選手に攻撃力のある選手をあてる)
ミスマッチを積極的に起こすことによって、攻撃の幅を広げることができます。

パス回し

今回はパス回しにおける重要かつ基本的なポイントをいくつかお伝えしました。
中でも1番大事なのが、「動きの中でパス回しを行う」ということです。

これはチームワークの良さに大きく左右されますし、できれば強力な武器になります。
日ごろから積極的なパス回しを意識して練習に取り組んでみましょう。

記事カテゴリ: ウェブマガジン