ウェブマガジン

フットサルユニフォーム・オーダー | TOP > ウェブマガジン > フットサル戦術の基本|4つの基本戦術と5つの動き

フットサル戦術の基本|4つの基本戦術と5つの動き

フットサルの連携戦術には、いろんなパターンがあります。
攻撃するときも守るときもその戦術は使われていて、強いチームほど熟練した戦術を持っているものです。

そこで今回は進化し続けるフットサル戦術の中で有効的とされている戦術を5つ紹介していきます。

フットサル戦術を理解する前に

早速フットサルの戦術を見ていこうと思うのですが、その前にフットサルにおけるポジションや役割は覚えていますか?
基本的な呼び名や特徴がわからないと、この後の戦術がイマイチ理解できなくなってしまうので、きちんと把握しておきましょう。

参照:フットサルにおけるポジション名と役割を理解しよう

フットサルで有効な戦術5つ
エイト

『エイト』とは、オフェンスの際最も基本的な戦術の一つです。フィールドプレーヤーの選手4人もしくはピヴォを抜かした3人で8の字を描きながらパスを回します。

マンマークしている相手ディフェンスをかわし、スペースを作り出すのが主な目的で、マークを外しながら徐々にラインを押し上げていくのが特徴です。

プロチームでも非常によく実践されている基本的戦術です。
以下は各国代表のエイトの動きです。エイトによってマークを外したりスペースを見つけたりしているのが分かると思います。

ヘドンド

『ヘドンド』とはポルトガル語で「旋回」という意味で、フィールドプレーヤー4人の全員がコート内を広く旋回するようにローテーションして動きます。

スペース作ったり空けたりマーク外すことが主な狙いで、自在な選手の入れ替わりよってドリブルスペースを空けたり、相手の守備陣形を崩す狙いがあります。

以下はヘドンドの動きからのピヴォ当てへの展開の動画です。
4選手がパス交換を行いながらポジションを入れ替え、相手ディフェンスの中央にスペースが空いたタイミングでピヴォにボールを当てています。

エル

『エル』とは、コーナー付近を起点に攻めるときの戦術で、選手がL字に動くことから、その見た目のまま「エル」と呼ばれています。
エルでは、コーナー付近に移動したピヴォを使って、アラやフィクソが中に走りこんでシュートまで持っていきます。

通常ドリブルスペースを失いがちなコーナー付近で、相手ディフェンスのプレッシャーを受けていると守備陣形がややピヴォのいるコーナーよりになります。そこで一気にボールをアラに下げ、ダイレクトでフィクソに横パスを回してシュートを狙います。
状況によってはLの字にもうひとパスつなげて逆サイドのアラにシュートを打たせる場合もあります。

エルの動き 解説動画

サイ

『サイ』とは、中央のピヴォとサイドのアラのポジションを入れ替えて攻撃する戦術のことを言います。サイの中にも動きが2パターンあるのでそちらを解説していきます。

1. パラ抜けから数的優位を作る
サイの動き パラ抜けから数的優位で崩す図
引用 http://matome.naver.jp/odai/2137458786730558401

ピヴォとアラが直線上に並んだ場合、アラはフィクソにパスを出してそのまま平行に駆け抜けます。相手ディフェンスがアラに付いてきた場合は、空いたスペースへピヴォが落ちてボールを受けます。その後、フィクソがピヴォへ寄って数的優位を作りだし、攻撃を仕掛けていきます。

2. パラレラ抜けからスルーパス
サイの動き パラ抜けでスルーパスの図
引用 http://matome.naver.jp/odai/2137458786730558401

動きの前半部分は先ほどと一緒です。ピヴォとアラが直線上に並んだ場合、アラはフィクソにパスを出してそのまま平行に抜けます。
この時、相手ディフェンス(敵のアラ)が付いてこない場合は、ピヴォの前方の拓けたスペースにフィクソからスルーパスを出します。

戦術を生かす有効な動き

フットサルではスペースへの動き方・使い方によって、その動きの呼称がありますので、そちらも覚えていきましょう。

ケブラ

『ケブラ』とはポルトガル語で「折れる」という意味を持ちます。フェイクを入れながら急激な方向転換で中央のスペースを活用する動きです。
マークについているディフェンダーを振り切たいときに使います。

パラレラ

『パラレラ』とはポルトガル語で「平行」という意味で、サイドラインと平行に出すパスと、それに走り込む動きのことを指します。

サイドライン際のスペースを有効活用したい時に使われ、イメージとしてはサッカーでいうサイドバックのオーバーラップに近いです。
サイド際に走り込んでくる選手はアーチを描くように動くと、中央に切り込みやすくなり、また、ディフェンスを振り切りやすくなります。

ダイアゴナル

『ダイアゴナル』とはポルトガル語「斜め」という意味で、相手のゴールに対して斜めの軌道で選手が移動する動きを指します。

試合では、ケブラの動きをしたピヴォが空けたゴール前のスペースに、アラが斜めに走り込みパスを受けます。

カーテン

『カーテン』とは、ボールを持っている味方と相手ディフェンス間へ入り込む動きをいいます。

ボールキープしている選手のマーク相手を混乱させ、一時的に数的優位の状況を作り出すのが狙いで、タイミングとしては相手ディフェンスの最前線の選手(主にピヴォかアラ)に対して行います。

セカンドポスト

『セカンドポスト』とは、味方のシュート性のクロスボールに対して、ニアサイドではなくファーサイドに詰める動きを指します。
この時1人が二アサイドに走りこむことによってファーサイドの選手にボールを渡りやすくします。

二アサイドで合わせる事も可能ですが、シュートコースが少なく角度的にも難しくなるので、そういったときにセカンドポストを使います。

ただ、日頃から連携を深めておかないと成功しにくいので注意したい動きです。

あなたのチームに合った戦術を取り入れよう

フットサルの基本戦術はどんなものがあるのか理解できましたか?
もちろんその場面々々に応じた戦術が必要になりますが、組み合わせる戦術の選択肢を増やしておくことはチームの攻撃の幅をグンと広げてくれます。

また有効な動きに関しては、チームの連携が必要になってきますので、日頃から意識的に練習してほしいと思います。

記事カテゴリ: ウェブマガジン