ウェブマガジン

フットサルユニフォーム・オーダー | TOP > ウェブマガジン > フットサル上達の近道!ボールタッチの精度を極めよう

フットサル上達の近道!ボールタッチの精度を極めよう

あなたはどういう練習をしたらフットサルが上達すると思いますか?
プロ選手であればフィジカルトレーニングやスタミナ・瞬発力なども鍛えなければなりませんが、それ以外でフットサルをやっている方はどうでしょうか?

基本的にフィジカルトレーニングはやらないでしょうし、ましてスタミナ向上のための走り込みもあまりしないと思います。
では何を考え付くかというとドリブルテクニックやフェイントテクニックといった技術的な面で上達しようと思うのではないでしょうか?

確かに見よう見まねでボールを蹴っていれば、難しいドリブルもフェイントもいつかはできるようになるかもしれません。でもそれではフットサルはできるようになりません。

実際の試合では「止める・パスを蹴る」といったシンプルな動きの方が断然多くなりますから、フットサルを上達するためにはまず自在なボールコントロールを身につける必要があります。

では自在なボールコントロールを身につけるためにはどんな練習をしたらいいと思いますか?

上手にボールをコントロールするには、まずは正確なボールタッチからです。
ボールを止める・蹴る位置はインサイドだけではありません。インステップ、トーキック、アウトサイドあらゆる場所でボールを扱えてこそプレー中の選択肢は広がります。

ということで、今回はあなたのフットサルが根本的に上達するために、あらゆるボールタッチトレーニングを紹介していきます。

ボールタッチトレーニングをしよう

ボールタッチ力を上上げるには、まず足のどの部分でもボールが扱えるようになりましょう。
最初はボールを「触る・止める・転がす」などの簡単な動作でいいので、普段あまり使わない位置でも滑らかなボールタッチができるよう心がけてトレーニングしましょう。

インサイド強化

「トラップ・パス・シュート」ほぼすべての動作でインサイドのボールタッチは関わってきます。

まずは、超基本的なインサイドでのボールタッチの練習から。
インサイドでボールを触る感覚を養います。

続いてインサイドを使ったトラップの練習。

アウトサイド強化

できる選手はアウトサイドでも「トラップ・パス・シュート」が行えます。
とくにドリブルで持ち上がるとき、細かいタッチでボールを運びたければアウトサイドは必須です。また、アウトサイドでパスを出せればパスコースの選択肢が広がります。

まずはアウトサイドでのボールタッチの基本から。

アウトサイドでドリブルするときのポイント解説です。

以上を踏まえて簡単なドリブルをやってみよう。

インステップ強化

インステップというとシュートを打つときに当てる程度だと思われがちですが、上手な選手はインステップで高速パスを蹴ったり浮き球を蹴ったりと、かなり自在に使っています。

インステップ・パスを練習しましょう。

インステップキックでのシュートの仕方。

足裏強化

フットサルでは足裏でボールを止めたり、転がしてドリブルしたり、フェイントの時に足裏を使ったりと多くの場面で足裏を使ったボールコントロールをしています。

とくにあなたがドリブルやフェイントが上手くなりたいのであれば、足裏の技術は必須です。

Fリーグ 盛岡選手の教える足裏トラップこのコツ解説。

まずは足裏でボールタッチの感覚を身につけます。

足裏トラップからのインサイドキックでパスの練習。

ボールタッチを意識した練習をしよう

今回はフットサルの上達方法の中でも、最も基本的なボールタッチのことをお伝えしてきました。

ボールタッチ力が上がれば自在に球が扱えるようになります。つまりパスもシュートもトラップも、あなたの思うようにコントロールできるようになるのです。

そのためには、まず動画にあったようなボールタッチの基本的な部分をしっかり押さえて、たくさん練習に励んでほしいと思います。

記事カテゴリ: ウェブマガジン